ご質問・お問い合わせ

Hi-Duc・Hi-Duc II・MoNiCrはスギヤマの製品です。



会長・社長挨拶

代表取締役社長 望月 英克
代表取締役社長
望月 英克

ごあいさつ

「田子の浦ゆ打ち出て見れば真白にぞ不二の高嶺に雪は降りける」と遥か万葉の世より、霊峰富嶽と青松白砂の織り成す風光明媚の地として知られてきたこの辺りは、東海道メガロポリスの中央に位置し、明治初期より発達した製紙のほか、家電、自動車関連、化学工業など多岐にわたる産業からなる工業都市「富士市」として発展してきました。

私ども株式会社スギヤマは昭和19年の創業以来六十有余年にわたって、この素晴らしい環境のもとで、低周波誘導炉によるダグタイル鋳鉄。強靭鋳鉄を製造し、地元はもとより広く全国の多くのお客様からご愛顧いただいております。なかでもダイカスト金型ホルダーマーケットにおいては、非常に多くのお客様から絶大なる評価とご指示を頂き、他の追随を許さぬ地位を築いてまいりました。

また、「早・安・確」をモットーとし、「素材から部品、部品から製品納入へ」を目標として昭和44年9月には、高圧造型ラインを主軸とする小物量産専門工場を山梨県下に建設し、さらに昭和52年には富士愛鷹山麓の浮島工業団地への本社工場の全面移転を果たし機械加工部門を充実し現在に至っております。営業品目も、ねずみ鋳鉄から高級特殊ダクタイル鋳鉄まで特徴ある材質で、小物量産品から大物特注品まで多業種のお客様から様々な注文を承っております。

私どもは、創業当初からの伝統である「どうしたら出来るか」、「どうしたらお客様に喜んでいただけるか」、「どうしたら確実な品質のものをお届けできるか」という「物作り」理念を「スギヤマイズム」として常に追求し、「早・安・確」に徹し、顧客満足度の充実を第一と考え、日夜切磋琢磨し続けております。今日までの半世紀にも及ぶお客様からのご愛顧、信頼に自信と誇りを持ち、慢心を戒め、今世紀においても更にこの方針を再認識、スパイラルアップし、常に再創業という認識をもて取り組んでまいります。

尚、1997年に全社で球状黒鉛化鋳鉄のJIS認定を取得、更に2001年にはISO9002の認証を取得し、更なる品質システムの充実、実行、維持に努めてゆく所存 であります。私どもは、今後も社長以下全従業員一丸となって、こうした企業体のあるべき姿を実践し、研鑽を重ねてまいります。


株式会社スギヤマ 社団法人日本鋳造協会会員
JIS G5502 表示認定工場
富士工場・山梨工場 QA0308010
ISO 9001 マネジメントシステム 登録証番号 JICQA-0815
ISO 14001 マネジメントシステム 登録証番号 JQA-EM3443

認定証登録証ISO14001

このページのTOPへ

プライバシーポリシー

環境保護方針